【体験談】何年も耐えた激痛の生理痛から解放された話

こんにちは^^今日はほんと9月とは思えない寒さです。タオルケットを出して1日、やっぱり普通の厚めの布団を出してきました…読めねぇ(-“-)喉が痛いなーなんて人も多いのでは?油断大敵です!

今日は生理痛についての自分の体験を交えながら、いかに解放されたかを書きたいと思います。今現在生理痛に悩んでいる人、ずっと昔から痛みを耐えている人に役立つ記事です。

生理痛とは?

スプーンに薬がのっている写真

 

生理痛は人それぞれだけど…

 

生理痛は、体格や体重や生活習慣など様々な状況によって違ってくるので人それぞれ違うといえます。しかし、耐えられない痛みなど、異常な生理痛は病気が隠れている場合があるので注意しないといけません。

異常な生理痛とは、例えば市販の鎮痛剤を飲んでも効かない程の痛み/生活や仕事が出来ない、痛くて寝込むなど日常生活に支障をきたす痛み/吐き気や頭痛、食欲不振などを伴う痛みなどです。

このような痛みを感じたり、今までとなにか違うと感じたりしたときは嫌でも産婦人科に行かなくてはいけません。病気の場合、早く治療するのに越したことはないです。

私の経験した痛み

 

私は小学校の終わりか中学のはじめくらいに初潮がきましたが、身体が小柄で未成熟なこともあり初めから酷い生理痛でした。生理になると必ず下痢になるので学校に行くのがとても嫌だったし、激痛で勉強どころじゃなく、青くなった私に気付いて友達や先生が保健室に連れて行ってくれるのもしょっちゅうでした。

痛みには波があり、数分「あ、平気かも…」という時間と痛すぎて転げまわる時間が交互にきます。生理がきてはじめの1~3日はずっとその痛みに耐えないといけないので本当に辛かった。うずくまって唸るか痛みでころげまわることしかできません。

産婦人科での体験

 

高校のとき、あまりに生理痛が酷いということではじめて産婦人科に行ったんですが、その病院はハズレでした。痛みで意識朦朧としていて体も震えてきてたので、お母さんに車で連れて行ってもらったんですが、そんな私を「なんか転がり込んできた」と言って先生は笑ってました。これは傷付いた。

結局病気ではないとなったのですが、初めて内診を経験して号泣w世間知らずで真面目な女子高校生の私には衝撃でした(:_;)指と機械が雑に入れられて激痛。のちに別の産婦人科で内診をしてもらったときに、上手い先生なら内診痛くないんだ…と気付きました。女医は遠慮がないので避けてる、という友人もいます(;’∀’)

泣いて診察室から出てきた私を見てお母さん、察してくれました。私を先に車に戻してから、1人待合室で待ってからお金を払ってきてくれて、「そりゃあいきなり、辛いよね。」て、お母さんの優しさには本当に救われます!

生理痛の原因

疑問符のカードを持った女性

女性ホルモンによる痛み

 

生理痛に関係する黄体ホルモンのプロゲステロン。これが生理痛の原因となるホルモンです。妊娠のためには大切なホルモンで、着床のために子宮内膜を厚くしたり体温を上げたりして環境を整えてくれますし、乳汁の分泌の準備をしてくれます。

が!このホルモンが原因で生理痛も含め、だるい/頭痛/吐き気/乳房が張る/腰痛/便秘/肩こりなどの不快症状が現れます。

また、生理時にはプロスタグランジンというホルモンに似た物質が作用し、経血を外に排出するために子宮を収縮させますが、この収縮が痛みを生みます。

子宮頸管が狭すぎる

 

若い女性の多くは出産未経験で、子宮頸管が狭く細すぎるため経血の排出がうまくいかず、血液が滞って痛みとなる場合もあります。私が最初に言われた生理痛の1つの原因、体の未熟さでの生理痛というのもこれに当たるのかもしれないです。

この場合は出産を経験して子宮頸管が広がると、その後はスムーズに経血が排出されるようになるので痛みはなくなりますが、先が長すぎますね。

病気が原因の痛み

 

生理痛の痛みの原因が病気の場合、これが1番怖いです。主な病気は、

子宮内膜症:子宮以外の場所に子宮内膜のような組織ができてしまう病気。そこでも本来の子宮内膜と同じように生理の時には出血しますが、本来の場所ではないため体に血液が溜まってしまい、炎症が起きたり他の組織との癒着を起こしたりします。不妊に繋がる恐れもある。排便時や性交時にも痛みがあるのが特徴。

子宮筋腫:子宮筋層にできる良性の腫瘍。筋層のどこに腫瘍ができるかで症状が違いますが、強い生理痛があったり中には症状に気付かないこともあります。月経過多や貧血が起きやすい

この2つをよく耳にします。気になる症状があればやはり産婦人科に行くことをおすすめします。

生理痛を治す!

健康な人々のイラスト

生理痛から解放されたい!

生理痛を治す、緩和させる方法を紹介します。

・カイロを貼ったり半身浴をして体を温め、体温を上げる

・体がかたい人はお風呂のあとにストレッチをして柔軟性を高める

・普段から貧血予防になる野菜や肉、ナッツ類を積極的に食べる

・生理痛を緩和させるツボを押す(おへそから指2本分下の気界や内くるぶしから指4本分上の三陰交などが有名)

・生理痛を緩和させるアロマを焚く(実際に植物の成分を抽出した、効能があるエッシェンシャルオイルがおすすめ):ローズマリー、カモミール、ジャスミン、クラリセージなど

実際に効果があった生理痛緩和方法

 

私は昔から生理痛が酷かったので、ありとあらゆる緩和方法を試しました。それを1つずつ紹介します。もちろん人によるとは思うので参考程度にさらっと読んでくれるだけでも嬉しいです^^

①体温を上げる→これはどちらとも言い切れませんが効果はあると思います。1番生理痛が酷かったときは、カイロを貼ったり湯船につかったりヨモギ蒸しをしたりして体温を上げようとしましたが、どれも一時的で上がらなかったんです。生理痛がマシになった今の平均体温が36.5℃なので、もっと頑張って平均体温を上げれていたらその時に効果を感じられたかもしれません。

②ストレッチ→私には自己満足という感じでした。体が柔らかくなったからといって生理痛は治らなかったです。

③食事→1か月精進料理のような健康を考えた食事をしましたが特に変わらず

④ツボ→生理痛が辛すぎて、緩和のツボを押しまくって青くなる(内出血)という経験をしました💦私の強すぎる生理痛には効果は感じられなかったものの、ツボの影響はすごいです!昔生理が早く来るツボというのがあって、毎回早くきてほしい時はそのツボを押すとほんとに早くくるのでびっくりしてました!

⑤ハーブティー→カモミールティーが効くと聞いて大人になってから飲んでみたら、確かに痛みが少し和らいだ気がしました。気分もほぐれるし。※セントジョーンズワートというハーブティーはたくさんの薬と相互作用があるので、何か服用中の方は気を付けて下さいね

⑥骨盤ベルト→これは結構楽になります。骨盤のゆがみが私の生理痛の原因の1つとして大きく占めていたのかもしれないです。私が使ったのは3層に分かれていてお尻と骨盤と背中を3方向から支えられるベルトです。3000円もしないくらいで買えるので、歪みがある自覚がある人におすすめです。

⑦低用量ピル→結局これが1番の効果だったと思います。初めは例の産婦人科で中用量ピルをもらいましたが副作用の吐き気が辛く低用量ピルに変更しました。このあたりからかなり生理痛がマシになりました。生理がコントロール出来るので、今でもトリキュラーという低用量ピルを飲んでいます。

⑧漢方→これは難しいですね。漢方ってその人の体質に合えばものすごい効果を発揮するらしいのですが、合わなくて太りまくった人の話も聞いたことあります。私は今まで3回ほど挑戦しましたが、3回とも何も変わらなかったので、漢方には最近は手を出してません。特に生理痛の時には粉のクソ不味い漢方をずっと飲んでいて、二重に辛かったです…

生理痛の治療でまさかの入院

 

生理痛の治療で何で病気になるの?って感じですよね(; ・`д・´)でも私はなりました。病気と言うよりは副作用・医原性疾患です。生理痛の治療が始まってから、私は排卵時に卵がちゃんとできずに排卵していないことが分かりました。なので排卵を誘発させるというhCG注射を打つことになったのですが(これがまた痛い💦)、注射を打ち出してから暫くして、なんか太ったような気が。

日が経つにつれお腹も苦しいし体重も増えるし、何でこんな急に太ったんだろ、やばいと思ってました。そしてある日、お母さんとお店でラーメンを食べてたら、ほんとに苦しくて息ができないくらいになって、これはおかしいとそのまま病院に連れて行ってもらったら、OHSS(卵巣過剰刺激症候群)と判明し即入院。

この病気は若い細身の女性に起こりやすく、卵胞がたくさん育っている状態で注射を打つと起こります。なので超音波検査をしながら卵胞が育ちすぎていないか、卵巣が腫れていないかをチェックしながら治療を行い、そのような症状があればすぐに注射を中止しないといけません。

OHSSのリスクが高い身体的特徴がありながら、これを疎かにしていたと責めるつもりはないではありませんが←、私はこの副作用で入院することになったんです。

OHSS(卵巣過剰刺激症候群)の症状とは

 

体重が増える、腹部膨満感、呼吸困難が主な症状です。ほんとに全ての症状が出ました。呼吸が苦しいのが1番怖くて、鼻から酸素供給してもらっててもずっと怖かったです。

お腹も腹水が溜まっている影響でぱんぱんに膨れていました。病院1階に用事があって車いすで行ったときは、(1階には外来もあるので)見るからにまだ10代の私がお腹ぱんぱんなのを見て女性からの目線が痛かった💦(妊娠じゃないのに!)

幸い治療は点滴しながら尿を出して終わりましたが、副作用での入院という自分には理不尽な結果になったので、いろいろ調べてから副作用救済制度を利用しました。これはお金が結構返ってきたので良かった。もし副作用での治療で費用が発生したら是非利用をおすすめします!

生理痛のない快適な生活を!

犬と女性の写真

生理痛について自分の体験を交えながらいろいろ書きましたが、どれか1つでも役に立つようなことがあったら嬉しいです^^

生理が始まって1番辛かった中学生から高校生の時期は、痛みで何も手に付かずにイライラすることも多く、テストも途中で中座したり生理の時は夜痛みで一睡も出来なかったりと本当に辛いことが多かったです。日常生活が生理痛のせいで普通に過ごせないことが苦痛でした。

今は我慢できるくらいの痛みで、たまに鎮痛剤を飲むくらいです。生理痛から解放されて、仕事や家事を問題なくできることの幸せは忘れたらダメだなぁと思います。

もし今生理痛で悩んでいたら、みんな我慢してるからとかこれが普通だと思わずに、緩和方法をいろいろ試してみて下さい☆自分に合う方法が1つは必ずあるはずです。逆に言えば、私のように何してもダメなら諦めがついて病院に行こうと決心もつきます。あの不快な痛みのない快適な生活が送れるように、私も祈ってます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA