【NETFLIX】ラ・モント感想/フランスの作品っていいね

ネットフリックスオリジナル作品、面白いです^^気になった作品いろいろ見てますがこのラ・モントもその1つ。あらすじ見て気になったので見てみました。面白くて最後まで見たので感想を記したいと思います^^

因みに… ネットで「面白いネットフリックス作品」とか「一気見された作品」とかで上位のものでも私には全くハマらなかったのもありました。Orange Is the New Blackとか。少し見てみるのが1番ですね!

ラ・モントとはどんな話?

疑問符のカードを持った女性

※途中からネタバレがあるところは赤字にしてます

数十年前の事件を真似た模倣犯が現れ、捜査協力を申し出る服役中の連続殺人犯、通称”カマキリ”。その絶対条件は、刑事をしている息子が捜査に参加すること。 出演: キャロル・ブーケ、 フレッド・テスト、 パスカル・ドゥモロン ジャンル: 海外TV番組・ドラマ、 海外TVヒューマンドラマ、 海外TVサスペンス・ミステリー

(ネットフリックス公式ページより)

ラ・モントは2017年の作品で全6話。全話共通して1時間弱なので私にはちょうどいいボリュームでした。(集中力が減ったのか2,3時間の映画が続けて見られないことが多いので((-“-)悲)

8人もの人を惨殺したカマキリことジャンヌと、その息子で刑事であるダミアンが協力して模倣犯を捕まえる話ですが、先が読めない。ジャンヌは本当に協力してくれるのか?模倣犯は誰なのか?ダミアンの心境と奥さんのルーシーとの関係。秘密がバレないか、終始ハラハラしながら見ました。

ミステリーのお話はほんの一瞬に今後のヒントとなるようなシーンとか伏線とかが表現されるので、お菓子やジュースに目をやったり瞬きも許されないと自分の中では思ってるので結構集中して見てたんですけど、結局最後の方まで犯人が分からなかったです(情けない;;)

惨殺死体のシーンもたくさんあるので苦手な人は注意が必要です。私は残酷なシーンやホラーは苦手ですがこれは大丈夫でした。なによりストーリーが面白いので先が気になって見続けちゃいます^^例えば私の中での線引きでは、ジョニーデップ主演のスウィーニートッド。あそこからアウト^^理髪店でお客さんの首切るやつです。あれは無理ー。何で映画館にまで行って大画面で見たのかw

仄暗い雰囲気のフランス映画。建物や服装がオシャレ。連続殺人犯の母と刑事の息子との協力捜査。母の模倣犯。惨殺死体。こういう単語に興味をそそられた方は是非見てほしいです!

全話視聴後の感想

パソコン、ノート、眼鏡の写真

※ここからネタバレ含みます

 

 

 

全部見終わった後の感想として

「面白かったけどジャンヌの父親のジジイがクソすぎて胸糞」

私が気になってたことの結果としては

①ジャンヌ(カマキリ)は本当に息子のダミアンに協力しようとしてるのか?

→これは本当でした。本当にジャンヌはダミアンのことを愛していて大事にしていて、母親が連続殺人鬼のカマキリだとばらすと言ったセブランを自殺に見せかけて殺したり、ダミアンの妻ルーシーには自分が殺人鬼だとバレないようにダミアンの嘘の通りの振る舞いをします。

やっぱり連続殺人鬼だしサイコパスなのかな?心がないに違いないと疑いまくってた私はジャンヌは捜査協力に見せかけて脱走するつもりでは?とか単にダミアンに会いたかっただけでは?とか挙句の果てには「コイツまた殺すんちゃうか‥」とまで思ってました!

8人殺したのは事実だけど、被害者は全員妻や子供に暴力を振るったり強姦していたクズばっかで、言ってみれば「動機のある殺人」。愉快殺人ではない。ジャンヌは連続殺人鬼だけど息子に愛情を持った女性でした。

②カマキリの模倣犯は誰なのか?

→こういうの全然見抜く才能もないくせに、犯人はダミアンや!とかルーシーなのでは?とかジャンヌがやったんかな?とか迷いまくってましたが結果、ルーシーの友達の美女、ビルジニーでした。

最後らへんで、犯人は180センチ近い女っていう情報から、そんなでかい女はビルジニーくらいしかいないよな。しかも美人なのに全然捕まえた男と上手くいかないし、全くかっこよくない(失礼)アレックスを「イケメン!素敵!」とか言ってて変な感じがしてたんですよねー。

ビルジニーは元男のカミーユで、失敗した性転換手術のせいなのか元男のせいなのか、いざという時に男性に拒まれ続けて劣等感を抱いていました。更に幼少期には父親から虐待されていて、その父親を殺してくれたジャンヌを崇拝していたので殺害方法を真似していたんですね。

捕まったジャンヌに代わり殺害し、ダミアンを幸せにするためにルーシーに出会わせたと言っていましたが、正体がバレた後のビルジニーが本当に怖かった…

③ダミアンの心境

→ダミアンを演じていた俳優さんの表情が読みづらいので分かりづらくはありましたが、逆にそれが良かったのかな?母親が殺人鬼という苦痛やストレスやトラウマを隠しながら犯人を追うダミアンは見ていて辛かったです。

妻のルーシーに秘密がバレた時、「どうして隠してたの?辛かったね(涙」という聖母のようなルーシーに対しても「付き合った当初から分かってたら結婚したいと思ったか?!子供がほしいと思ったか?!」とキレるダミアン。。殺人犯を肉親に持つという気持ちは絶対に分からないけど、嫌われる・捨てられるに決まっていると思っているダミアンの悲痛な叫びですね…

殺人者の遺伝子を持つ自分の子供は欲しくないと言っていたダミアンも、最後には父親になるんだと涙していて、母親や過去ときちんと向き合ったおかげで傷が少し癒えたのかな、と安心しました。

④ジャンヌの殺人の動機は?

→始まりからジャンヌが8人もの(旦那を入れると9人)人を殺した犯人で服役中ということは分かっていましたが、なぜカマキリと呼ばれるほどの凄惨な殺し方をしたのか、殺害の動機が分からなかったのですが、最後にそれはジャンヌの父親のせいだということが分かりました。

「ライオン」とは父親のことで、(鈍い私はライオンのネックレスに気付いてなかった;)ジャンヌは小さい頃から父親に性的虐待を受けていました。子供ながらすごい可愛くて綺麗なジャンヌが寝ている時に、醜いデブの父親が服に手を入れるシーンは腹が立ちすぎて見てられませんでした(見たけど)。恐怖で声もあげずに泣くジャンヌが可哀想で‥

その時、守ってくれた母親はなんと父親に殺されてしまい、その場面をしっかり見てしまったジャンヌ。今後守ってくれる母親もなく、母親を殺したクズの父親のやりたい放題の中育ったんだと思うともう…

その経験から、女子供に暴力を振るったり虐待する男を惨殺してきたんですね。。でも1番憎き父親を殺さなかったのはどうしてなんでしょう。ダミアンの心を守るため?ジャンヌにしか触手を伸ばさないジジイを殺しても仕方ないから?まあ最後に父親は井戸に落ちて自殺したからいいけど…(でも高さあんまりなさそうだけど死んだのかな?)

良かった点といまいちな点

良いか悪いかレビューのイラスト

良かった点

キャスト陣が私は良かったです。全員知らない人でとても新鮮で魅力的でした。1番印象に残ったのはやっぱりジャンヌ。殺人者としての演技が凄くて、あの無表情や話し方、動き方、全てにおいてミステリアスで恐怖を感じました。笑みも怖くて、話していることも何が真実で何が嘘かも分からない。だから最後のダミアンへの愛情とか過去の苦痛という、ジャンヌの本当の心に胸に響いたんだと思います。この女優さん、シャネルの宣伝もしてためっちゃ綺麗な人で秀才。若い頃の写真も見ましたがほんとに美人でした。

そしてビルジニー。美女で殺人者という役どころはこの人が演じたからより惹き込まれたと思います。とにかく美しい。スタイル抜群。見ているだけでうっとりしてしまいます。

イマイチな点

イマイチというか、そこが良くもあるんですが…ソフィア!

こいつがもう終始イライラさしてくるんです(゜-゜)確かにやる気もあって頑張ろうとしているのに上は何か隠してるしなりたかったリーダーには外から変な男がくるし苛々する気持ちもわかる。でも、取り調べで息子のこと調べられて激高して殴り掛かったりとか公私混同も甚だしいし、いっつもダミアンを下から睨み上げてて不愉快。見る度何がそんな不満なん?てくらいイラついてて怒ってて。

ダミアンが隠し通してきたカマキリのことも、分かった途端に写真付きでチームにバラしダミアンを責める始末。ダミアンに「チームから外れろ」と要求し承諾したダミアンが出て行った後、事情を知るドミニクがソフィアに「これで満足か?」という場面は私も同じ気持ちでした!ほんっとこの女はむかついたなー。

そしてダミアン!

途中で、「はぁ。。この子、天然なの?」と呆れるほどの迂闊ぶり。しっかりしてそうだし口調も自信に溢れている割には抜けてる。

ジャンヌに会いに行くたびに結婚指輪を外したり付けたりしてたから、いつか忘れるやろなと思ってたら案の定wうっかりさんwそして犯人にすぐ逃げられる。ホテルでやっと犯人を追い詰めたのに、分かり切っていたフラッシュライトの点滅で目くらましされ殴られ逃がす始末。ダミアーン!しっかりして!って感じでしたwそれに子供欲しくないならちゃんと避妊してね?

あとルーシーぐいぐい行くやんって話。ダミアンが隠している母親のことを探るためにダミアンの実家に行きめっちゃ入ってくルーシー。ビルジニーの言うように、妻なんだからルーシーの家でもあるけど、多分日本の女性にはこういう感覚あんまないですよね;

旦那さんの実家に断りもなくぐいぐい行けないし。旦那の実家は私の家でもある!!って感覚もないし、やっぱりフランスの女性は強いw

あと旦那の電話に勝手に出て黙るのもちょっと;

まとめ(考察)

ピンクのガーベラ

サイコパスとかシリアルキラーとか、興味があっていろいろ見たりしてますが、親や育った環境というのはとても重要ですね。

ジャンヌが子供の頃に父親から強姦され続けて殺人鬼になったように、実際に連続殺人を犯した人で幼少期に親に殴られたり性的虐待を受けたりした経験を持つ人が結構いました。何かしら人格に影響を与えているのは明らかです。どんなに強いストレスなんでしょう…苦痛やトラウマでいろんなものが歪んでいってしまうのも頷けます。

そんな辛い境遇のジャンヌの人生に惹き込まれた作品でした。

【余談】女性だけでなく男性にも血縁者と近すぎる距離になった時、嫌悪感を覚えるような機能が遺伝子に備えられていたらいいのにと個人的に思う。それでも強すぎる欲望の前には無意味かもと思ったのは「鬼死ね(漫画)」の影響かな。創作と現実をうやむやにしないでねっと自分に言い聞かせつつ切ります^^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA