【ねんきんネット】せっかくハガキがきたのに…

こんにちは^^今日はねんきんネットに登録しようと思って失敗したので今後間違えないように&反省と戒めを込めて書きたいと思います(´ー`)

ねんきんネットで何ができるのか知りたい人/自分の年金についてきちんと把握したい人/登録の過程で失敗したくない人、こんな人におすすめの記事です♪

※なんかワードプレスのアップデートで仕様が大分変わってしまってよく分かってないので変な風になってたらごめんなさい💦

ねんきんネットとは

疑問符を浮かべた男性のイラスト
「ねんきんネット」はこれまでの年金記録や、将来受け取る年金の見込額などご自身の年金に関する情報をパソコンやスマートフォンから、いつでもどこでも確認できるサービスです!

(ねんきんネットホームページより引用。サイトはこちら

つまり、ねんきんネットに登録すれば、いつでも自分が今まで支払ってきた年金の履歴や状況、受け取れる年金の見込み額が確認できるわけですね。便利。

こういうものがないと、今自分の年金の支払い状況がどうなっているのか分からないですよね。特に転職の回数が多い人とか、学生の時や退職時に年金免除してもらっている人には確認しておきたい情報です。後から保険料を追納して将来貰える年金額を増やしたりもできますし^^

私も引越しが多いのと飽き性なのが災いして転職の多い人生なので、ねんきんネットでしっかり把握しとかなければ!と思い立ち登録しようと思った次第です。

ねんきんネットの利用方法

スマホを持つ手の写真

ねんきんネットを利用するにはまず登録です!その方法を以下に。

①基礎年金番号を用意(アクセスキーを持っている人はこちらも準備)

※基礎年金番号=年金手帳や年金証書に記載されている番号(それ以外では次の資料のどれかで確認できます!→基礎年金番号通知書/国民年金保険料の口座振替額通知書/国民年金保険料の納付書・領収書/各種通知書等(年金額改定通知書、年金振込通知書等)/平成28年度「ねんきん定期便」(平成28年4月から平成29年3月送付分)

それでも基礎年金番号が分からない人は、会社員の人なら総務課の担当部署に尋ねるか、近所の年金事務所の窓口で相談してください☆

※アクセスキー=ねんきん定期便に記載されている17桁の番号。これがあれば1週間ハガキが届くのを待たなくてもすぐにユーザIDを取得できます

ねんきんネットホームページの「新規登録画面」をクリックし、基礎年金番号などの必須項目を入力

※ここで設定したパスワードを忘れてしまうと、せっかくハガキが届いてもログイン出来ないので、忘れないようにメモしておいて下さいね

③日本年金機構が入力内容と本人確認を行い、問題なければ1週間ほどしてユーザIDがハガキで自宅に届きます(書留とかではなく普通に投函されるので留守でも大丈夫^^)

④ハガキに記載されているユーザIDとパスワードで今度はログインします

※注意※ここで再度「新規登録」してしまうとこのハガキのユーザIDは使えなくなります!なので必ず「ログイン」でユーザIDとパスワードを入れて下さいね

これで終了です^^「え、簡単やん。何を失敗することがあるの」って感じですよね。でも私は「とにかく行動!触ってみよう!」タイプで適当に触った結果、せっかく1週間待ってハガキが届いたのにまた新規登録してしまい、届いたユーザIDが使えなくなりました(T_T)またハガキがくるのを待ってログインします(T_T)

ねんきんネットを利用して安心の老後を

健康な人々のイラスト

ねんきんネットの登録について、自分の失敗も含めて書きましたが💦是非将来のために利用をすることをオススメします。

私も20代ですが、若い世代は特に将来年金がどうなるのか本当に心配ですよね。日本に生まれて良かったもののまだまだ国民の為の社会保障に国がきちんと取り組んでいるか疑心暗鬼なのも事実。

国会でのやり取りを見ていると、頬杖したり居眠りして聞いているおじさん、ヤジを飛ばしたり委員長に詰め寄ってワーワー騒いだり、いい大人が見てて情けない気持ちになります。こんな人たちが私たちの将来を担ってるんだと思うと怖い。

安くはない年金を支払っているんだから、せめて自分の年金だけでもしっかり把握しておきたい。国は徴収に関しては容赦ないのにお得な情報や免除できる制度のことは何も公に教えてはくれないので、把握せず全て任せたままにしておくのは心配です。

今まで気にしたことのなかった人は是非この機会にねんきんネットを利用しましょう(`・ω・´)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA