【京都三千院】懐かしくて安心する、美しい自然の場所

年々春や秋がなくなって、すぐに暑くなったり寒くなったりするので困ります。10月は寒くもなく暑くもなくちょうどいい季節で大好きです^^旅行やお出かけするにもいい季節^^

私は「猫のしっぽ、カエルの手」という京都大原で自然を大切にしながら過ごすベニシアさんの暮らしを追ったテレビ番組が好きなので、ずっと行ってみたかった大原の三千院に行ってきました☆

京都大原、三千院

「京都~大原三千院♪」これ、知らない人結構いてますが私は何で知ってるんだろ?CMかな~

冒頭にも書いた通りベニシアさんの番組を見てずっと行きたいと思ってたんです^^紫蘇が有名で自然が美しいところ。詳しい由縁はホームページより↓

三千院は延暦年間(782‐806)に伝教大師最澄が比叡山東塔南谷(とうとうみなみだに)の山梨の大木の下に一宇を構えたことに始まる。 その後、慈覚大師円仁に引き継がれ、平安後期以降、皇子皇族が住持する宮門跡となった。 明治4年、法親王還俗にともない、梶井御殿内の持仏堂に掲げられていた霊元天皇御宸筆の勅額により、三千院と称されるようになる。 明治維新後、現在の地大原に移り「三千院」として1200年の歴史をつないでいる。

三千院入口

<三千院の入口>

最澄は天台宗を日本に伝えた人ですね。私は無宗教なのでよく分からないですが仏教の総合的教えみたいな感じですかね。

私のイメージでは、仏教は「ブッダに倣い悟りを得て、苦難だらけの現世から解き放たれて安楽を得るための教え」という感じ。悟りを得られるのは一部の特別な人で、限定的な価値観があった中で、最澄は身分関係なく誰でも教えを乞うことができるという考え方のようで、何も知らない私でも、良い新しい風を吹き込んだ人だったんだなと分かります^^

美しい絵画みたいな庭と自然

三千院の庭

ここが中に入ってメインの庭。顔をあげたら風が吹いてないからなのか、ピタッと時間が止まったみたいな、絵画みたいな美しさでびっくり。

500円で抹茶と小さな羊羹を楽しみながら眺められます^^(私は買ってません^^年齢不詳の3人組の女性が食べてるのを見ました!この人たち、5円玉に紐をくくらせたお守りのようなもの(100円)をたくさん買ってましたw)私が気になったのはお守りやろうそくが置いてある中にあった「生活のささえ二度見。面白いタイトルですよね。きっと天台宗の教えが書いてあるんだろうと思いますが「生活のささえ」とは宗教の本来の目的という感じです。

三千院の苔

一面の苔が風情があっていい感じ。落ち着きます。

三千院へのアクセス

三千院への行き方は電車やバス、タクシー、車などの方法があります。

バスなら京都駅から大原バス停まで1時間。550円です。京都内はとにかく混むのでバスで行くなら国際会館駅から大原バス停の方がおすすめ。約20分で350円です。国際会館のバスターミナルの出口は4-1。

私は車で行きましたが、駐車場は三千院すぐにあります。安い所で400円。私はそのことをすっかり忘れてて、1番遠い駐車場に停めてしまいました。しかも400円(このあたりは遠いので300円なのに)。近付けば500円のところばかりですが、どんどん進めば400円の近い駐車場があるのでそこがおすすめです。

三千院のお地蔵さんが可愛い

三千院のホームページや観光案内のパンフレットにもよく載ってますが、お地蔵さんの表情がなんともいえない、ほっこりしてて可愛くて好きです。どうしたらこんな優しい表情になるんだろう^^

三千院のお地蔵さん1

苔の中に発見!千と千尋の神隠しの洞窟の前にある銅像に似てます^^

鳥を乗せたお地蔵さん

この頭の上に鳥をのせたお地蔵さんが1番お気に入りです☆可愛い~

この積み重なっている石ですが、たまに見ますよね。私は昔水子の霊を慰めるためのものと聞いたことがあるのですが、改めて調べたら死んだ子供も含む死者の慰霊や神様へのお供え、願い事、仏教的な意味合いなど様々な理由があるみたいです。

でも何となく、積み石を見ると怖かったり懐かしかったり不思議な気持ちになります。私は1つだけ1番上に石を置いてきました。

因みにお母さんと行ったんですが、私は初めて行くと思ってたのに昔お母さんと一緒に行ってたみたいです。辿り着いて思い出したんですが、昔綺麗な自然の中にあるお土産屋さんの写真が携帯に入ってて、そこでお団子を食べたのは覚えているけどどこだったかずっと思い出せなかった場所があったんです。それが三千院でした^^すっきり!

私のお母さんはプライドが高くて頑固ですが、優しくて弱いものに心痛める人です。ホームレスのおじさんが空き缶を集めていたり元気がない動物がいるとなんでだかすごく胸が痛くて悲しい気持ちになって、それに暫く引きずられることがあるんですが、そんな時にお母さんの血かな~とか思ったり(なんの話w)

高校の時、意地悪な教師に濡れ衣を着せられて責められて、心を閉ざしてたけど信じてくれたのはお母さんだけでした。いつも味方をしてくれるし、普通の人の何倍も苦労して育ててくれたので感謝してます。近くにいると甘えが出るので遠くに住んでますが、1番大事な存在です^^

みたらし団子が美味しい

前に来てたときも食べたお団子、今回も食べました!3個刺して1本。3本で500円。ちょっと高いけど美味しい!団子大好き!くるみで作ったたれがかかった五平餅やみたらし団子や三色団子が好きです^^

みたらし団子の写真

この照り。ちょっと甘いたれでお餅は柔らかくて美味しい^^

にしんそばの写真

お蕎麦も美味しかったです!にしんそば^^

山菜そば

こちらは山菜そば、湯葉ものって美味しそう。

三千院のお土産

お土産も素敵でした!そんなに多くはないものの紫蘇が有名な大原の紫蘇ふりかけやしば漬け、しそソフトクリームまであった。

あと三千院でお守りとお札を買いました。お札は一目惚れの可愛いのがあって♪

厄除けのお札

(可愛くないとは言わせない(゜-゜))これは厄除けのお札で角大師(つのだいし)というそうです。玄関の外に向かって睨みをきかすように貼ります。なんて言ったらいいのか、言葉にできないですがなんか良いんですよね~!お気に入り^^

角大師とは?←気になる方はここからどうぞ☆

大黒天のお札

あとこちら。大黒天のお札です。台所に貼っておくと衣食住に困らないんだそうです^^う~ん、こういうお札を貼ると昔ながらのお家って感じでいいですね!

京都大原、三千院。自然が綺麗で安心する、懐かしい場所です。みなさんも是非足を運んでみて下さい♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA