【謎の足荒れ】痒くてかぶれる皮膚炎の治療

こんにちは^^少し涼しくなって虫がではじめたのですごい嫌。3連休はどうしてました?私はゲームばっかしてました。ゲームってすぐ時間すぎる。

今日は足の甲にできた謎の痒い皮膚炎がぶり返したのでまた治療です。

足に赤いブツブツが出来た/かぶれたみたいになってて痒い/これって水虫?/治すにはどうするの?という同じような人の参考になれば嬉しいです。

足の皮膚炎の正体

いろんな足跡のイラスト

足の皮膚炎の症状

 

この皮膚炎が出来たのはちょうど3か月前くらい。6月くらいかな?痒くて無意識に掻いているうちに赤くブツブツになってかぶれているような感じになってさすがにやばくない?となりました。

だんだん暑くなってくる季節であせもかなぁとも思ったんですけど、足の甲と裏にあせもというのも何か変やし…「まさか水虫?!」と思った私は同居人にうつるのを恐れてすぐ皮膚科に行きました。

その正体は!

結局分からず。(えー!)というのも先生は足の皮をけずって皮膚片をとって顕微鏡で見るなり「水虫ではないよ^^」と。ここで一安心。「これ、なんですか?」と聞くと「一時的に免疫が落ちて、他人の菌の影響で荒れてるみたい。温泉とか行った?」と。

「行きました!!」そうです、私温泉好きでたまに行くんですけど、ちょうど行ってきたところだったんです。でも他人の菌でうつるってそれ水虫じゃないんやーと驚きでした。

蕁麻疹とは何が違うのか

 

水虫じゃないなら蕁麻疹か?と思い調べたところ、

じんましんは漢字で「蕁麻疹」と表し、皮膚の一部が突然に赤くくっきりと盛り上がり(膨疹)、しばらくすると跡かたなく消えてしまう病気です。人がイラクサ(蕁麻(じんま))の葉に触れると同様の皮膚症状が起こることからこの名前がつきました。大抵は痒みを伴いますが、チクチクとした痒みに似た感じや焼けるような感じを伴うこともあります。個々の皮疹(ブツブツや赤み)は数十分から数時間以内に消えるのが普通ですが、中には半日から1日くらいまで続くものもあります。症状が激しい場合には次々と新しい皮疹が出没し、常に皮疹が現れているように見えることもあります。もし一度出現した皮疹が何日もそこに残り、特に後に茶色い色がついたり表面がガサガサ、ポロポロするようでしたら蕁麻疹とは別の病気と考えられます。

(公益社団法人日本皮膚科学会より)

上記によると蕁麻疹は突然皮疹ができてすぐ消失すると。確かに冬の寒い日にズボンの下にいきなり赤いブツブツができてびっくりしてたらすぐ消えちゃうってことがありましたが、あれが蕁麻疹のイメージです。

私の足の皮疹はずっとあるので蕁麻疹とは違うな、と分かりました。そして水虫でもない。正式な病名は分かりませんが、とにかく”免疫力が低下しているときに他人の菌によって症状がでているらしい”というのは皮膚科で分かりました。

足の皮疹は感染しないのか

 

水虫じゃないのが分かってほっとしたのも束の間、「私が温泉で人の菌に感染したならそれがまた人にうつらないのか」と不安に。でも同居人は全然普段と変わりません。

主観ですが、私はアトピーでアレルギー体質で皮膚が本当に弱いので、そういうのも相まってうつってしまったのかなと思います。なので同じように肌の弱い人も、風邪や疲れで免疫が下がっているときにはこのような「他人の菌にやられる」ということがあるのを頭の隅にでも置いておいてくださいね💦

また、同居人は人様の家にあがる仕事をしており、中には所謂ゴミ屋敷とかペットだらけの家もあるわけです。私は動物大好きですが動物アレルギーもあるし(これほんと辛い)、もちろんホコリや塵もアレルギー。なのでこれに反応しているというのも考えられます。

アレルギー体質の人はいかにアレルゲンから離れた生活をするか、除去できるかが肌の安定に関係してくるのでこれも対策が必要ですね(*_*;

足の皮膚炎の治療

健康な人々のイラスト

どのような治療をするのか(塗布)

 

皮膚科ではどのような治療をしたのかというと最初は塗り薬で様子を見ようとなりました。このとき処方してもらったのは

・デルモベートクリーム0.05%

・ケラチナミンコーワクリーム20%

・I・メントール「ケンエー」

これを混合したもの。効能としては「炎症を抑える/湿疹・かぶれ/皮膚のカサカサを改善する」と記載がありました。

使用方法は1日2,3回足に塗布します。これが本当によく効いて、足の皮膚炎は治ったんですけど今回またぶり返してしまったのでまた皮膚科に行くことになりまして…

どのような治療をするのか(照射)

 

ぶり返した時に皮膚科に行くと、今度は塗り薬+光線治療をすることになりました。この光線治療はアトピー性皮膚炎や乾癬などの皮膚の炎症の治療に使われる方法です。

靴下を脱いで横になり、患部に何度か光を当てます。痛みも感覚も何もなく、あっという間に終了

この光は紫外線の一種で、皮膚疾患に効果のある光の波長を当てるというもの。安全性も高く保険適用なので、ステロイドによる治療に抵抗のある人や、塗り薬だけでは効果がない・治りが遅い人に向いています。

治療の効果

 

この塗り薬と光線のダブル治療により、それから3日ほどで赤いブツブツはすーーっと消えました。そういえば痒くないので掻いてなかったなって感じ。皮膚炎は少し掻いただけでもあっという間に悪化してしまうので、いかに痒くない状態を保つか・掻かないかが重要なんですけどこれが1番難しい(T_T)

アトピーに罹患している人なら分かると思うんですけど、皮膚炎のあの痒みは異常です…我慢とかそんな次元じゃなくて、「血が痒い」っていうんですかね、身体の中から痒いんです。もうどうしようもなく辛い(T_T)

この痒みが治療でなくなったことが早く治った理由だと思います。とにかく痒みをなくすことが皮膚炎の完治の近道ですよね。

自分に合う皮膚科を見つける重要性

病院のイラスト

皮膚科の選び方

 

私は今行っている皮膚科が1番合っていて、調合してくれる薬がとてもいいので遠くていつも混んでるけど通ってます!やっぱりすぐ治りますし、定期的な血液検査もしっかりしてくれます。

合う皮膚科を見つけるのはめっちゃ大事で、それだけで治りは全然違います!ダメな皮膚科に行くと悪化することさえある。ホームページで先生が治療について見解を記載していて、それを読んで自分が納得できるところはおすすめです。そういう皮膚科は先生が治療に自信を持っていて患者さんを大切にしてます。

私は今までたくさんの皮膚科に行きました。良いと評判の皮膚科でも最悪な思いをしたことがあるので、あくまで口コミは参考程度に、自分に合う皮膚科を見つけることが大事です。それに病院の口コミは悪い評判は載せないところが多いので私はあまり信用してません。

悪い皮膚科の例

 

私が行った中で、特に酷かったなぁという皮膚科がいくつかあります。

①ほんとに医師免許持ってる?!という酷い治療

足にイボが出来て皮膚科に行った時のことです。治療室で寝るように言われ靴下を脱いで待機していたら顔剃りとかするカミソリをもった先生が近づいてきました。「え?それでなにするん?」と思った瞬間、麻酔もなしにイボをカミソリでゴリゴリ切られたんです( ゚Д゚)今思い出してもゾッとする…もちろん切り取れるわけもなく血だらけになった私の足を包帯でぐるぐる巻きにして「治りませんでした」で帰宅。

すぐ他の皮膚科に行くとびっくりされて「まずこの傷を治さないと治療できないです💦」と言われ散々な目に遭いました。まじでヤバイ皮膚科。

②患者に誓約書を書かせ本を押し売りしてくる

ここはネットで評判の皮膚科だったので、症状が酷くて悩んでいた時に行きました。びっくりしたのが到着するや否や、事細かに「あれしろこれしろ」と説明書きがしてあったこと。まず治療に関して誓約書を書かされます。何故ならその皮膚科はステロイド断固使用拒否の病院だったからです。ステロイドに関してはいろんな考え方がありますが、私は精神的なことを考えても治療の面でもステロイドは素晴らしい治療薬と考えます。

そして本を買わされます。それはそこの皮膚科の先生が書いた本。先生はおばさんだったけど、話してみても高圧的で本を買え・私の言うとおりにしろ・じゃないなら帰れ、ということでした。帰りました!(^^)!皮膚炎は見た目のこともあり症状も辛く弱っている患者さんが多い。そんな人に当たり強い心の持ち主とは分かり合えるはずもないので…

③検査票を投げ捨てる、話を聞かない医者

これも酷かった。まず初診の時に血液検査などの検査票を見せると「こんなの要らない」と投げ捨てられました。普通の医者ならそれを見てどんな状態か把握します。この医者は自己顕示欲が強い「俺の治療がすべて」な人でした。私の話を一切聞かず、ずっと1人で喋ってたので(しかも声が超でかい)呆れ果てて「そんな感じならもういいです、帰ります」と言って診察室出ましたw

薬も貰い、勿体ないので塗りましたが余計にぬめぬめして痒くなるだけでした。こうして振り返ると治療以外でも人として「あ、この人無理」とか「違うな」って感じたら合わないことが多いです。

良い皮膚科の例

 

今の皮膚科はいろいろ質問して私の話を聞いてくれます。足の治療も「温泉とか行った?」「熱いお風呂に入ってない?」「化繊の服着てない?」とかほんとにいろいろ聞いてくれます。なので皮膚炎の原因が特定しやすい。自分でも気付かなかった原因に気付けたり思いもしなかったことが原因だったりします。

薬も漫然と処方することはありません。長期間アレルギーの薬を飲んでいる私は定期的に血液検査をしてもらい、腎臓や肝臓に負担がないか・異変がないかを調べてもらっているので安心です。

なので、普段から信用できる皮膚科を見つけておいて、なにか症状が出たらすぐ行ける病院があるといいと思います。そうすると原因が分かって、気を付けたり対策をしたりできるし治りも早いので^^みなさんも悪徳医師や商売目的の民間療法売りつけ団体には気を付けてくださいね!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA